Alternative content

Get Adobe Flash player

  • 日本代表チーム

    • 日本代表チームは、「第21回CGアニメコンテスト」の入選者から5名選抜します。
    • 参考までに、過去の入選者の方々のレベルをダイジェストでご覧ください。
    • 日本代表チームの発表は、「CGアニメコンテスト 入選作品上映会」にて行います。詳しくは、こちらをご覧ください。

    選考基準

    • 基本原則としては、上位入賞作品が優先されます。
    • 作風、方向性がかぶる作品は避け、様々な作品を選びます。具体的には、ストーリーやテーマ重視の作品、映像センスで勝負する作品、ギャグやエンターテイメント性の高い作品を、最低1作品は選びたいと思います。
    • 作品だけでなく、作者も選考の対象となります。つまり、全員が学生とか、全員が男性といった偏りはできるだけ避け、様々な立場のクリエイターが参加できるようにします。
    • もちろん、クリエイター本人の希望も尊重します。参加は強制ではありませんし、イベント当日に会場に来れない方は除外されます。
    • 選考は、DoGAのスタッフが独自に行います。

    CGアニメコンテスト イメージイラスト

    ※日本代表クリエイターを選抜する「CGアニメコンテスト」の作品募集は終了いたしました。(〆切:7月31日)

    詳しくは、こちらをご覧ください。

    フランス代表チーム

    e-magiciens 10

    • フランス代表チームは、フランスのValenciennesで開催されている若手のデジタルクリエイターのコンテスト「e-magiciens」の入選者から5名選抜されます。
      「e-magiciens」公式サイト
    • 「e-magiciens」は、10年の伝統があるコンテストで、前回は、ヨーロッパ16カ国の53校から250作品が応募されました。(ヨーロッパの場合、大学以上に職業専門学校のレベルが高く、半分プロの方々と予想されます。)
    • フランス代表チームというよりも、ヨーロッパ代表チームといっても過言ではないでしょう。実際、フランス以外の国のクリエイターも代表に選ばれていると予想されます。
    • 参考までに、昨年の「e-magiciens」の入選作品のダイジェストでご覧ください。
      [videopop vid=”1245394448″ vtitle=”e-magiciensダイジェスト” vinline=”true”]
    • フランス代表チームの選考は、「e-magiciens」のフェスティバルディレクターであるマリアン・フォントニエール氏が自ら行います。
      ※上記のダイジェストムービーの作品が選ばれるかどうかは分かりません。
    • どのような5名、5作品が選ばれたかは、「CGアニカップ」のイベント会場で発表されます。

    e-magiciens 過去作品e-magiciens 過去作品