Alternative content

Get Adobe Flash player

  • こちらからPDF版の募集要項をダウンロードできます。

    主催

    • DoGA
    • i.materialise(アイ・マテリアライズ)
      (ベルギー Materialise社のオンライン3Dプリンティングサービス事業部)

    協賛

    • ヤマダ電機 LABI1 なんば

    募集作品

    • CGで描かれたロボットの静止画像。
      (戦闘ロボット、レスキューロボット、産業ロボットなんでも可)
    • 画像フォーマット: jpegのみ
    • 解像度: 横1650×縦1150を基本とする。
      (他の解像度の場合、審査時に多少不利になる可能性がある。)

    A) L-3D部門

    • 「DOGA-Lシリーズ」もしくは「とてかんCG」で制作された3Dのロボットの静止画像。
    • レンダリング(作画)した後、フォトショップ等の2Dペイントソフトで描き加えていないこと。
    • 「i.materialise賞」の対象となるのは、この「L-3D部門」のみ

    B) 無差別部門

    • 使用ソフトの制限なし。
    • 3Dに限らず、2Dで描かれた作品も可。もちろん、レンダリング後にペイントソフトで描き加えてもよい。

    ※巡業方式により、「第1回 ロボットCGコンテスト」入選・入賞12作品も、自動的に上記「L-3D部門」に応募していると見なします。

    i.materialise賞

    • 1作品
    • 賞品: 応募したロボットを、3D出力してプレゼント
               (提供: マテリアライズ)
    • 選考者: マテリアライズ 日本担当:丸岡 浩幸
    • 選考基準: 最も3Dプリントしてみたいロボット
    • 選考対象: L-3D部門のみ

    LABI1賞

    • 1作品
    • 賞品: ガンプラ等(提供:ヤマダ電機・DoGA)
    • 選考方法: 2010年10月9日の「CGアニメコンテスト」上映会会場にて行われる人気投票の中で、最も人気のあった作品。
    • 選考対象: 全作品

    入選

    • 各部門から5作品程度
    • 賞品: 第22回 CGアニメコンテスト 入選作品集DVD(提供:DoGA)
               マガジンラック等(提供:ヤマダ電機)
               3D出力20%オフ クーポン券(提供:マテリアライズ)
    • 選考方法: 2010年10月9日の「CGアニメコンテスト」上映会会場にて行われる人気投票の中で、人気のあった作品。
    • 選考対象: 全作品

    L-3D部門について

    趣意

    • マテリアライズ社は、3DCGソフトで制作したデータから、実体(フィギュア)を出力する3Dプリンティングを、web上から手軽に申し込める「i.materialise」というサービスを行っている。
    • このサービスに、「DOGA-Lシリーズ」、「とてかんCG」で制作されたVRMLデータも対応できるようになった。
    • 本コンテストに応募された優れたデータや出力したロボットのフィギュアを、「i.materialise」のサンプルとして活用していきたい。
    • また、本コンテストを通じて“3次元CGデータは3Dプリントできる”ということを知って頂き、創造の楽しさを広げていただきたい。
    • 3Dプリンティングサービスについては、こちらをご覧下さい。
      http://i.materialise.com

    3D出力する上での注意

    • 3D出力する際には、物理的な問題から、応募されたデータを多少なりとも修正する必要があります。応募時には、あらかじめご了承ください。
    • 全体的に若干外側に厚みを持たせるため、とんがった部分に丸みを帯びます。
    • 触角のように極端に細長い部分や厚さが0の面も、3D出力は可能ですが、かなり壊れやすくなります。
    • 細かい凹凸については、十分表現できないことがあります。
    • ファンネルのように、空間的につながっていないデザインの場合、そのままではバラバラになってしまうため、後日協議する必要があります。
    • 若干色調が変わりますが、色はつきます。しかし、バンプマッピングは完全に失われますし、質感も再現されません。

    応募資格

    • 既に発表している作品、他のコンテストに応募された作品でも参加可能。
    • プロ、アマ、制限なし。但し、日本語のE-mailで連絡がつく方。

    応募方法

    提出先

    下記のデータを添付して、
            robot-contest@doga.jp
    へ、Eメールでお送りください。

    メール内容

    • メールの件名(Subject)を、「第2回ロボットCGコンテスト応募」とする。
    • メール本文中に、以下を入れる。
    1. 作者名(本名):
    2. ペンネーム:
    3. 連絡先メールアドレス:
    4. ホームページアドレス:
    5. 住所:
    6. 電話番号:
    7. 応募部門(「L-3D部門」または「無差別部門」):
    8. 使用ソフト名(主なもののみ):
    9. ロボット名:
    10. ロボットの設定、解説等(250文字以内)

    添付データ

    1. ロボットCGの静止画像
    2. 「L-3D部門」の場合のみ、
      「DOGA-Lシリーズ」または「とてかんCG」のロボットの物体データ
      (自作パーツなどが含まれる場合、そのデータなど一式)

    応募締切

    2010年9月20日

    スケジュール

    • 10月2、3日 ヤマダ電機 LABI1 なんば店にて、予選を通過した作品を展示。
      (投票は行わない)
    • 10月9日 京都二条 立命館大学朱雀キャンパスで行われる「CGアニメコンテスト」入選作品上映会にて、予選を通過した作品を展示。審査投票。
    • 10月15日 審査結果発表(予定)

    著作権・注意等

    • 第三者の著作権を侵害する作品は応募できません。
    • 応募画像および物体データの著作権は制作者に残りますが、入賞・入選作品およびその物体データについては、主催者は自由に使える(主催者に対して、著作権を一切行使しない)ものとします。
    • 応募メールに記載された、以下の情報は、一般に公開します。
      1. ペンネーム:
      2. ホームページアドレス:
      3. 応募部門(「L-3D部門」または「無差別部門」):
      4. 使用ソフト名(主なもののみ):
      5. ロボット名:
      6. ロボットの設定、解説等(250文字以内)
    • 巡業方式によって、応募作品は自動的に次回以降の「ロボットCGコンテスト」に参加し、その応募要項に従うものとします。
    • この募集要項は、予告無く変更されることがあります。