Alternative content

Get Adobe Flash player

  • 「CG アニメコンテスト」とは

    con_sign

    「CGアニメコンテスト」は、自主制作のCGアニメ作品を対象とした、国内で最も伝統のあるコンテストです。

    まだPCやインターネットすら普及していないCGの黎明期の1989年に、CGの研究者や制作者達によって、“パーソナルCGアニメ作品の発表の場を設け、広く一般にPRするとともに、その質的向上を促進する”という趣旨で設立されました。

    CGアニメの可能性を広げるために、あえてジャンルは限定せず、エンターテイメント性の高い作品を中心に、純粋アート作品や異色作まで、あらゆるジャンルの作品を幅広く受け付けています。

    これまでに、国内外で活躍するトップクリエイタ達を多数輩出しています。また、コンテスト終了後も、入選者間の交流の場を設けるなど、制作活動のサポートを行っています。

    2009年からは、「JAPAN国際コンテンツフェスティバル」のオフィシャルイベントである「KYOTO CMEX」に参加しています。特に、CGアニメの国際交流上映会である「CGアニカップ」と連携し、この「CGアニメコンテスト」の入選者の中から“日本代表チーム”が選抜されます。

    第27回 開催概要

    タイトル : 第27回 CGアニメコンテスト
    開催主旨 : パーソナルCGアニメ作品の発表の場を設け、広く一般にPRするとともに、その質的向上を促進する。
    募集作品 : 主要部分をコンピュータで作成した自主制作のオリジナル映像作品。
    : グランプリ、各賞(作品賞、映像賞等)、佳作、入選
    応募締切 : 2016年7月31日(日)
    発表 : 2016年9月に開催される「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」のステージにて発表予定。その他、本サイトへ掲載し、応募者本人にも通知する。
    備考 : 本コンテストの入選作から、国際大会である「CGアニカップ」の日本代表チームを選出する。

    台湾アニカップ
    2015年11月に台湾で行われたアニカップの様子。
    台南市文化局長より、日本代表チームに記念品が贈呈された。

    ※開催内容は、予告無く変更されることがあります。